news

魚の鮮度を見極める方法☆

鮮度は魚にとっての命です。

魚の鮮度を見分けるのなら、腹の感触を調べるといいです。

魚の腹を指で軽く押し、弾力の有無を確認しましょう。

ただし、力が強すぎるとパックや魚の体が裂けて店に迷惑がかかるので、必ず軽い力で押してください。

新鮮な魚は少し硬く、逆に古い魚は弾力を失い柔らかいのです。

次にエラの周辺を見て、白っぽさがなければその魚は新鮮で美味しい魚です。

目の周りを見て濁っていなければ新鮮とする方法も有名ですが、現代では塩水で濁りを誤魔化す方法が一般化しているせいで、確実に見分けるのは難しくなっています。

そのため目の濁りだけを見ずに、他の部分も調べることが、魚選びで重要となるワケです☆

[名古屋栄・伏見の個室美容室 Altruist Aging×HAIR&SPA]