news

説得力が出る「見た目を盛る」演出法☆

人は「見た目」に弱い。

これを上手に扱い世渡りをするテクニックがあります。

たとえば、仕事先で誰かを説得しなければいけない場合、とにかく何でもいいので「大量の資料」を作り、束でドン、と机に置き、そこからトークを開始するのです。

その資料の内容は上の見える部分だけ重要なものを置いておけば、極端な話、中は白紙で盛るのもアリです。

こういった「まずは外側を作り込む」ことはチャンスを手に入れるのに有効なのです。

SNSで多くの友だちとつながっているアイドルが、現実以上に人気者に見えることもあります。

その中でリアル友人が数名だとしても「パッと見」だけならそんな個人的な事情など誰も分からないのです。

もちろんいい加減なウソはバレるものですが、どうしてもゲットしたい仕事や案件があるときのハッタリは自己演出のひとつと割り切ってよいかと思います。

まずは自分の環境を盛って、体裁だけでも充実させましょう。

チャンスを掴んだ後で盛った分を埋める努力をすればいいんです☆

[名古屋栄・伏見の個室美容室 Altruist Aging×HAIR&SPA]