news

相手に不快感を持たれず断るマル秘テク☆

仕事や用事で手一杯なのに、新しい仕事を頼んでくる上司。

せっかくの休みなのに、遊園地に行きたいとせがむ恋人。

「こっちの都合も考えろよ!」「自分のやりたいことばっかり言うなよ!」

と怒りたくなるところですが、そうすると間違いなく関係は悪くなるでしょう。

そんなとき、うまく断るには、いったん相手の要求を受ける返事をするのがテクニック♪

仕事を押し付けてくる上司には「わかりました。ただ、今抱えている仕事が、少し時間がかかりそうなんです」と言ってみましょう。

さりげなく忙しいアピールができるし、よほどあなたにしかできない仕事でない限り、「じゃあ別の人に言ってみるよ」となるはずです☆

恋人の場合は「遊園地、久しぶりに行きたいな。でも前後に仕事が詰まって体力に自信がないから、遊園地はその次でどう?」

とやはりいったん相手の提案に同意してから、断りを入れるのがいいでしょう。

ただし、仏頂面はこの会話テクニックを台無しにするので絶対避けましょう。

表情は笑顔で!

とくに面倒な用事を回避したい時は「疲れ気味のアンニュイな微笑」を浮かべましょう。

[名古屋栄・伏見の個室美容室 Altruist Aging×HAIR&SPA]