news

痴漢に間違われないための予防策☆

通勤電車の中で突然「痴漢!」と名指しをされる事態、それは男性にとって身の毛もよだつ状況でしょう。

それを避けるためには、まず痴漢と間違われないための自衛が必要です。

電車内には俗に「痴漢スポット」といわれるエリアがあります。

それはドア付近の手すりのある空間で、混雑時には身動きが取れなくなるため、痴漢の被害を受けた女性から疑われることが多いのです。

乗車時にはその場所を避けることが肝要ですが、混雑の状況などで「痴漢スポット」に身を置かざるを得ない場合もあるでしょう。

その際は吊革に両手で摑まること、また鞄や雑誌を持つなど、とにかく手が塞がっている状況を自ら作り出せば、容疑者になるリスクを軽減できます。

ただし、スマホなどを持つのはオススメできません。

今度は痴漢でなく盗撮と間違えられる危険があるからです。

また、万が一痴漢と疑われた場合は、冷静かつ毅然とした態度で否定すること。

曖昧な態度や、容疑者にされたことでパニックを起こしてしまえば、ますます犯人扱いされ、取り返しのつかない事態を招いてしまうでしょう。

[名古屋栄・伏見の個室美容室 Altruist Aging×HAIR&SPA]