news

異性からの申し込みをスマートに断る方法☆

婚活パーティやお見合いで、ある意味一番難しいのが「断り方」

紹介者のメンツをつぶしてしまうことはもちろん、相手を傷つけて恨まれストーカー化・・・、なんて危険もあるのです。

したがって、断り方はどんなときでも誠意をもって、自分を卑下する言い方をしたほうがいいです。

たとえば「私が至らないばかりに距離を縮めることができませんでした」「お友達以上の気持ちが持てませんでした。私が未熟なせいです」など。

ただし、相手を落ち込ませないため「お友達としてなら・・・」などと曖昧な言葉を使うのは厳禁です(これ使う人超多いです)!

穏やかな言い回しをしながらも、率直に「これ以上のお付き合いは無理」ということをアピールしないと、相手はまだチャンスがある!と引き際を逃してしまうのです。

とにかく、もし自分が言われたら不快に感じる言葉は避けること。

あと、「〇〇さんはとっても素敵なので、すぐにいい人が見つかりますよ!」も絶対に言わないようにしましょう。

神経を逆なでするだけです。

あくまでも誠実に、そして真剣に自分を卑下しながら伝えましょう☆

[名古屋栄・伏見の個室美容室 Altruist Aging×HAIR&SPA]