news

狭い部屋を広く見せる方法☆

ワンルームに住んでいるけれど、広い部屋に住んでいる気分になりたい。

そんなときは部屋の下部分を低くしましょう。

とはいっても床を改造するということではありません。

脚の高いテーブルや椅子、ベッドなどの目線が高くなる家具をなくして、背の低いテーブル、床への直座り、床敷の布団を活用する生活スタイルにすれば、天井までの空間に余裕ができて、部屋が広く見えます。

もうひとつ、目の錯覚を利用する方法もあります。

大きめの家具を入り口近くに、低めの家具は奥に集中させて広がりがあるように見せかけ、さらに家具や壁紙を柄物から白などのシンプルな色合いにかえると、視覚的効果で部屋が広々と感じるはずです。

[名古屋栄・伏見の個室美容室 Altruist Aging×HAIR&SPA]