news

消せるボールペンの字を復活させる方法

消すことが出来るボールペンは、鉛筆で書いた線のように、文字そのものを消し去ってしまうわけではありません。

専用ラバーの摩擦熱によって、特殊インクが透明になる作用で消えたように見えるわけです。

インクが透明になる温度は60℃。

逆に、書いた紙を冷やせば、文字や絵は復活します。

その温度はマイナス10℃で復元を始め、マイナス20℃なら完全に復元します。

この作用を利用して、消されたメモや書類を復活させることが出来ます。

また、白紙に見える秘密の手紙を冷凍庫で冷やせば、文字を浮きだたせることも可能。

気を付けたいのは、炎天下や夏の車内に放置しておくと、ボールペンの中のインクが透明になってしまうこともあるということ。

その場合はやはり、冷凍庫で冷やせば復元します。

[名古屋栄・伏見の個室美容室 Altruist Aging×HAIR&SPA]