news

気兼ねせずに定時に帰る方法☆

自分のするべきことは終わったし、今日は定時に帰れそう。

とはいえ、周りを見回すと、まだまだ忙しそうに働いている同僚が多い。

こんなときに、さっさと「じゃ、お先に失礼します」と言える度胸があればいいのですが、なかなかそうもいかないのが辛いところ。

そんなときは、上司や先輩に近づき、「私はもう手が空いたので、何かお手伝いすることはありませんか?」と聞いてみましょう

本当に忙しい人なら、目の前の仕事をこなすのが精いっぱいで、人に仕事の内容や手順を説明する時間も惜しいもの。

「いや、大丈夫だから」と言ってくれる確率は高いです。

それを何人かにたずねれば、ほとんど同じ答えが返ってくるはずです。

仕事をする意志を見せ、手伝うとまで言ってもすることがないのだから、あとは堂々と帰ってしまっても、誰も文句は言わないでしょう。

[名古屋栄・伏見の個室美容室 Altruist Aging×HAIR&SPA]