news

慎重な人も説得できる「クライマックス法」☆

話の展開の仕方は、大きく分けて2通りあります。

結論を先に出す「アンチクライマックス法」と結論を最後に言う「クライマックス法」です。

これを相手の様子や性格で瞬時に判断し、使い分けると効果的です。

相手がそもそも話題に興味がなさそうな場合は、前者が有効。

たとえば、職場の定例会議などは、ズバッと結論から言っておいた方が、出席者を引き寄せることができるでしょう。

しかし、相手があなたに心を許していない場合自分の考えに自信を持った頑固者が相手の場合のコミュニケーションは、後者が受け入れられます。

最初はなんでもない世間話から入り、空気がちょっと和んできたところで前置きに入り、最後にオチをつけます。

とくに形式にこだわる昭和生まれのシニアは、この話し方が断然好印象です。

[名古屋栄・伏見の個室美容室 Altruist Aging×HAIR&SPA]