news

子供を産み分けるテクニック☆

僕にはまだいませんが、子どもは神様からの授かりもの。

しかし最近では初産は神様にお任せするものの、二人目は希望する性別を産み分けするという風潮が高まっているそうです。

様々な産み分け法の中で、成功率が高く安全として、産婦人科などでも行われているのが、潤滑ゼリーを使い、膣内分泌液のPH(ペーハー)を調節する方法。

精子の数は、女児(XX)に比べ、男児(XY)が2倍以上いるのですが、男児が持つYの染色体は酸性にめっぽう弱いんです。

ということで、男児を産みたいなら膣内をアルカリ性にコントロールすればいい、という理屈です。

そこでゼリーを使い、女の子が欲しい場合は膣内を酸性に、男の子が欲しいカップルは膣内をアルカリ性に整えて性交するというわけです。

この理屈からいえば、セックスの感じ方で予想ができるという説もご紹介します。

膣内は酸性なのですが、女性がオルガスムスに達すると、バルトリン腺液というアルカリ性の分泌液を出し、膣内を中和させるんです。

ということで、感じるセックスで妊娠した場合は男児の可能性が高いということになるのですが、あくまでも「理屈上」です。

[名古屋栄・伏見の個室美容室 Altruist Aging×HAIR&SPA]