news

マイナンバーでも副職がバレない申告のコツ☆

マイナンバーによって、企業や店舗が誰に給与を支払ったかが明らかになり、これまで副収入がありながらも、確定申告や住民税の申告をしてこなかった人も特定されます。

住民税は給与から天引きする額を、自治体が会社に通知して徴収します。

つまり、アルバイトなどの副収入があれば、勤務先だけの給与基準より高い税額が通知されることになります。

これが、「マイナンバーで内緒のバイトがバレてしまう」という理由です。

しかし、会社に通知を行かなくする方法があります。

それは、住民税の申告(確定申告も含む)の際、「特別徴収」ではなく「普通徴収」を選ぶ方法です。

これなら、自分で直接住民税を支払うことになり、勤務先に通知が行くことがなくなります。

[名古屋栄・伏見の個室美容室 Altruist Aging×HAIR&SPA]