news

ビジネスマンの値打ちを下げるNGワード

人と話すのが仕事ともいえる営業マンが、その一言で「使えないヤツ」というレッテルを貼られるNGワードが存在します。

そのひとつが、「近くまで来たもので」という訪問理由。

これは、顧客管理の外回りでよく使う人もいますが、訪ねられたほうとしては「ついででしかウチには来ないのか」と思われてしまいます。

また、「アソコの会社は」とか「どこの事務所でも」という比較も禁句

一般消費者が相手なら効果がある場合もありますが、プライドの高い経営者だと「アソコはアソコ、ウチはウチ」という自信を持っているからです。

その場合は「御社だからこそ、おすすめする商品です」と、逆に特別扱いをアピールするほうがいいでしょう。

その他、政党や宗教の話題は厳禁で、生半可な知識しかないスポーツチームの話題も避けたほうが無難です。

一番いいのは、余計な世間話はできるだけ少なくして、仕事に役立つであろう情報を提示するのがベスト。

ただし、他社の悪口は「よそでウチの悪口も言っているかもしれない」と勘ぐられるので、絶対に口にしてはいけません。

[名古屋栄・伏見の個室美容室 Altruist Aging×HAIR&SPA]