news

「言い訳」をしない言い訳人間☆

仕事などで失敗したとき、言い訳をするワケではありませんが・・・」と前置きしてから、その理由をくどくどと話す人がいます。

ですが、その話の内容は、明らかに「言い訳」でしかありません。

その点をツッコむと、「いえ、決して言い訳ではなく・・・」といって、再び言い訳が続く。

言い訳とは、自分を正当化するために述べる事情説明のことです。

この「正当化」がクセモノで、言い換えれば「自己保身」にほかならないんです。

つまり、謝罪の言葉を口にしていても、心では「決して自分は悪くない」と信じているわけです。

この手のタイプは自尊心が強く、失敗の経験が少ないエリートに多いです。

両親から甘やかされ、周囲からチヤホヤされ続けてきた人間は、とくに当てはまります。

政治家や一流企業社長・芸能人等が謝罪会見で、あれやこれやと言い逃れをするのと同じです。

この手のタイプには弁解の余地を与えず、失敗による損失などを数字やデータで示すほうがいいです、

「少しは言い分を聞いてやろう」という温情は、時間の無駄になりかねません。

[名古屋栄・伏見の個室美容室 Altruist Aging×HAIR&SPA]