news

「親密な仲になりたいなら思い切ってケンカする」という考え方

誰だって、親しい人とのケンカは避けたいもの。

ところが、ケンカしないように気を付けすぎてのらりくらりと本音を隠し、逆に疎遠になってしまう場合もあります。

よく考えてみてください。

ケンカというのは「感情のぶつけ合い」

お互いが素直に心の内を晒す絶好のチャンスでもあるのです。

一気に距離を縮めたい相手には、わざと「ケンカを吹っかける」のも、非常に有効なんです。

ただし、これには鉄則があります。

それは、わざと負けること。

相手を怒らせ、本音を引き出して感情をMAXまで引き上げる。

そのときを見計らって「・・・・・なるほど、貴方の意見が正しい気がする。私が間違っていたかも」と素直に折れましょう。

すると相手は「自分の意見を通せた」という満足感と「理解してくれた」という感謝で、ケンカ前よりも相手に好意を持つようになります。

とてもドラマティックなテクニックなので、なにより演技力が必要です。

わざと負けたということがバレないよう、あくまでも自然に、緩やかに態度を変えましょう。

[名古屋栄・伏見の個室美容室 Altruist Aging×HAIR&SPA]