news

☆肩書きよりも名前を大切に☆

人は誰でも、名前を覚えてもらうと嬉しいものです。

それは心理学的にも立証されていて、他人から言われて最も心地いい言葉は、「愛している」や「大切だ」よりも、「自分の名前」だそうです。

そこで、商談や打ち合わせの最中に、相手の名前を呼ぶと、印象が良くなる可能性もあります。

つまり、「この件に関しては、お任せください」というところを、「〇〇さん、この件に関してはお任せください」と一言添えるわけです。

ただ、日本では「社長」や「部長」といった肩書きで呼ぶのが一般的。

目上の人の名前を呼ぶのに、抵抗を覚える人も少なくありません。

そんなときは「〇〇社長」「〇〇部長」というふうに呼べば、相手のあなたに対する印象も良くなるでしょう。

[名古屋栄・伏見の個室美容室 Altruist Aging×HAIR&SPA]