news

☆年間死亡者数、11年ぶりの減少☆

長らく投稿をサボっておりましたが、久しぶりに投稿します(笑)

まだまだコロナ騒ぎが収まらない世の中ですが、人口動態統計で2020年の死亡者数は137万2648人と前年(2019年)より約9000人減少(11年ぶりの減少)したとのデータを見つけました。

手指消毒・自粛・ステイホーム意識が高まり他の感染症・交通事故や基礎疾患の悪化が減ったのでしょう。

そして137万人の死者でコロナが死因となったのは3466人・・・

これ、「パンデミック」って言える(ビビる)数値ですかね?

過去のインフルエンザより死者数少ないのにどうしてこんなに恐怖を煽り続けるのか。

これを抑え込むために経済を犠牲にし、権利や自由を迫害する価値があるのでしょうか?

・交通事故で亡くなる人を減らすために自動車の製造・販売・乗用を禁止する

・誤嚥で亡くなる人を減らすために餅の製造・販売・食用を禁止する

みたいな違和感を感じずにはいられないのですが・・・

まぁ政府もメディアもここまで恐怖を浸透させてしまった以上今さら引っ込みつかないんでしょう。

もちろん今話題の「デルタ株」「ラムダ株」等、現在分からない物もあるので感染しないように注意する事は大切です。

でも、本当にビビるのはもっと死者数が増えてからでいいのではないでしょうか?

コレラやエボラのような致死率9割の激ヤバウイルスの新型なら、我々がビビる前に大勢亡くなります。

本当の脅威は、手指消毒やうがい、外出自粛なんかで抑えられないもののはずです。

[名古屋栄・伏見の個室美容室 Altruist Aging×HAIR&SPA]